MobilPlanning Co., LTD.

Tel:0564-26-2266受付8:00~17:00 定休日:日祝

保守点検業務のご案内

Q.増え続ける公共施設の保守点検管理はどうされていますか?
全国各地で、遊具などの施設の倒壊事故が発生して、施設管理のあり方が問われていますが、毎年設置され増えていく遊具及び体育施設や道路付帯施設の施設管理はどうされていますか? 老朽化した施設は、時に凶器にもなりうると言う事をご存知でしょうか? 施設の倒壊などの事故が起こってからでは遅すぎます。 当社では、施設の倒壊事故を未然に防ぐための保守点検と保守点検管理システムの導入のご提案をしております。
Q.なぜ施設の倒壊事故などが起きるのでしょうか?
鉄はさびやすい鉄は「錆びやすい」
道路照明灯や道路標識などの道路付帯施設及び 遊具や体育施設の多くは 加工のしやすく低価格で、強度も充分確保できる 鉄でできた鋼管が素材となっています。 しかし、鉄は、自動車の排気ガス、塩害、さらには 犬猫の尿など様々な悪条件にさらされて腐食します。
管理不十分、欠損・強度不足
管理が不十分で、強度不足の部材が使われていたり、部品が無くなっているのにそのままであったり、ねじなどが緩んで危険な状態になっていてもそのまま放置されて事故につながることがあります。 これらの原因をしっかりと理解して、様々な点検作業により、事故を未然に防止します。
Q.保守点検の目的
■ 施設の老朽化、及び腐食により発生する災害の防止
■ 不機能施設の早期発見
■ 定期保守による機能維持と現状把握
■ データ分析によるメンテナンス計画の立案と実行
■ 点検データの蓄積による容易な維持管理
■ マップデータとのリンク
保守点検の対象
●学校公園等の遊具及び体育施設 ●道路照明灯・道路標識などの道路ストック
●道路反射鏡・橋梁 ●モニュメント・看板等

保守点検って何? 保守点検の内容

保守点検とは実際にどのような事を行うのでしょうか? 遊具や道路照明灯など、それぞれの施設に最適な保守点検業務を行いますが、概ね以下のような 保守点検作業を行います。
あらゆる検査から総合的に判断し、公共施設の事故を未然に防止します。

保守点検の内容
目視検査
触診検査
目視検査目で見てわかる施設の劣化の状態や異常の有無を調べたり、直接手で触れて施設の異常を点検します。道路反射鏡では、鏡面の映り込みの状況などもチェックします。特に地際部や溶接部などは詳細に検査します。
音響検査 音響検査ハンマーによる異常音の聞き取りを行います。木材の腐朽、鋼材の腐食やボルトの緩みなどの異常がわかります。
非破壊検査 非破壊検査日本非破壊検査協会認定の有資格者が、超音波厚さ測定器により測定します。 目では見えない腐食の状態を数値で表すことにより、確実性がアップします。
その他 電力回路の絶縁抵抗測定、施設に合わせて、電力回路の絶縁抵抗測定、浸透探傷試験、鉄筋探査などを行います。遊具では、チェーンの摩耗状態や安全領域が確保されているのかなどの測定を行います。その他の施設でも、基準値の測定などを行います。
保守業務とは 保守業務注油やボルトの増し締めなど、その場でできる保守業務を行います。

測定結果の基準

安全度
以前より多方面から、「測定結果のデータ提供だけに終わらず、鋼管の余寿命を判断せよ」とのご指摘を頂いておりましたが、今回当社では道路反射鏡(カーブミラー)を例に取リ鋼管の取替時期の判断を行う基準を算出いたしました。 反射鏡の支柱に使用されている鋼管の肉厚が薄くなると設置基準として定められている安全度に対してどの程度影響を及ぼすのかを数値にて検討したものです。 以下に検討過程と結果を記します。道路標識、道路照明灯においても同様の基準を保有しております。
道路構造物用鋼管の腐食・減肉・測定値について
腐食により減肉が生じた鋼管の、肉厚測定値を活用した支柱の強度、判断基準を、下記の通り定めていますのでご報告いたします。 安全率安全率道路反射鏡の支柱の肉厚については、 様々な数値から得られた支柱のモーメント(一定の風速に達した際に、支柱の基礎天端部分にかかる荷重)が2,400kg/c㎡未満である事を基準として、設置指針が定められています。 腐食とは別の考え方ですが、単純に肉厚の薄い支柱を使用した場合の、設計風速40m/secにおける支柱応力を右記の通り算出してみました。(反射鏡Φ800シングルの場合) ※安全率…1-(1886÷2400kg/c㎡) (社)日本道路協会 道路反射鏡設置指針により、定められている肉厚には、21.5%の上乗せ安全率が加算されたものであり、風圧以外の様々な外的要因にも対応できるよう設計されています。 当社では、測定により得られた減肉数値(単に○○m/2006-11-28 t=○○m/mの鋼管を使用した場合の、風速との関係を示しただけであり、実際の減肉は腐食によるものです。 保守点検業務における、非破壊検査では、表面の錆をケレンして、肉厚の測定を行うが、鋼管内部の錆についてはケレンできないものであり、超音波肉厚測定器による測定数値には、+の誤差が生じていると考えます。また、腐食による減肉の場合、部分的には測定値より減肉の進んでいる箇所があります。 上記の理由により、測定により得られた値と、得られた値の安全率には、数値では現せない誤差が生じてきます。誤差を考慮した上で、下記の基準(目安)をもうけております。
基準(目安)

報告書

遊具に於いては国土交通省が示した「都市公園における遊具の安全確保に関する指針」に基づく報告書の提出、道路照明灯、標識、反射鏡などは公共施設保守点検管理ソフトPFⅠによる基本台帳、保守台帳など様々な書面が提示できるとともにデータ管理システムの導入のご提案をしております。

公共施設管理システム PFI
対象施設 ●遊具 ●道路標識 ●道路照明灯 ●道路情報提供装置 ●道路反射鏡
遊具管理 遊具管理 遊具管理
学校や幼稚園、公園などの遊具について、施設、遊具、保守点検から修繕に至るまで、あらゆる情報を徹底管理できます。基本的な遊具は、登録済みですので、すぐにも運用が可能です。
遊具管理 遊具管理

道路ストック
点検対応

道路標識・道路照明灯・道路情報装置・道路反射鏡に関するデータ・位置情報、写真などのあらゆるデータを一括管理できます。国土交通省の道路ストック点検にも対応した帳票の出力、データの管理、Excelファイル保存が可能です。
照明灯管理 道路ストック損傷記録
データ入力
の省力化
Andorid端末を使ってのデータ入力の省力化をご提案しています。
Android遊具点検 定期点検データ入力 Android遊具点検 部位写真撮影
開発元 ソフトウェアの詳細は、こちら ASG有限会社 http://www.asgis.co.jp/

各種保守点検のご案内

道路ストック点検(案内標識)

国土交通省が提唱する道路ストック点検に応じた道路案内標識の保守点検を行います。

照明灯点検

道路照明灯やトンネル内照明灯の保守点検を行います。

遊具点検

学校、公園の遊具、体育器具の保守点検を行います。

道路反射鏡点検

学校、公園の遊具、体育器具の保守点検を行います。

浸透探傷試験

浸透探傷試験とは、試験体表面に開口した欠陥を浸透液を用いて探傷する方法です。

その他

その他、高所作業車を使って、モニュメント、橋梁、看板などの保守点検を行います。

加盟団体

公共施設保守点検管理士認定証
一般社団法人日本公共施設保守点検研究所の会員として、日々、保守点検技術の向上に努めております。
■一般社団法人
日本公共施設保守点検研究所  http://www.jmrc.or.jp/

メンテナンスセンター

いつでも緊急対応
ガードレール・標識等の物損事故修繕は、メンテナンスセンターにお任せ下さい!!
当社の専門スタッフがご相談を承ります。
365日24時間受付
TEL 0564-26-2266
FAX 0564-26-2267

点検後の修繕もお任せ下さい。

遊具修繕
保守点検結果に基づく修繕工事もお任せ下さい。

↑ PAGE TOP